脱毛

【シェーバーで深剃りできない…】たった5分!ムダ毛処理も一気に解消!すぐできるスキンケア〈3選〉

シェーバーで深剃りしてしまう

女性には欠かせないムダ毛処理。シェーバーは肌への刺激が少なく、カミソリと違い直接肌に刃が触れないため、比較的肌へのダメージが少ないムダ毛処理方法です。

しかし、シェーバーを使用して深剃りできなくて困った経験はありませんか?安全で手軽にムダ毛処理ができる一方で、深剃りできなくて悩む方も多いようです。

この記事では、シェーバーでは深剃りできずにムダ毛処理がうまくいかない原因と対処法についてご紹介します。

【あるある】シェーバーは深剃りできないって本当?

シェーバーで深剃りしてしまったら…
シェーバーで深剃りできないケースを探してみました。あなたもこんな経験ありませんか?

トラブル①毛が残る…

シェーバーで深剃りできないと、きれいな毛が剃りきれず、肌がチクチクしたりする原因になります。肌のチクチクが続くと肌への刺激となり、かゆみを引き起こすことにもなるようです。

トラブル②すぐに毛が生えてくる

うまく処理できたと思っても、夕方や夜には毛が気になることも…。結局ムダ毛を気にしないといけないことになれば、元も子もないですよね。

トラブル③肌荒れ・黒ずみになる

お肌にやさしいシェーバーでも、深剃りできないと、無意識に肌に強くあてたり同じ場所に何度も使用してしまうこともあります。そうすると、肌への刺激が大きくなり、肌のヒリヒリやブツブツ、出血、繰り返すと黒ずみの原因になることもあります。

【原因】どうしてシェーバーで深剃りできないの?

シェーバーで深剃りしてしまったら…

シェーバーは、直接肌に刃が触れないことから肌への刺激が少ない一方で、深剃りできない悩みを持つ方も多いようです。その原因としては、使い方とメンテナンスの2つです。

  1. シェーバーの使い方が間違っている
  2. シェーバーのメンテナンス不足

それでは、この2点について詳しく見ていきましょう。

原因①シェーバーの使い方が間違っている

シェービングは正しい使い方でできていますか?せっかく良いものを使っても、使い方を誤ってしまうとパフォーマンスも下がってしまいます。使用する前準備、肌へのあて方や角度、剃りにくい部分は肌を伸ばしながら使うなど、使い方にもコツがあるようです。

原因②シェーバーのメンテナンス不足

本体のヘッドや刃には、皮脂や菌がついているので、そのままにしてしまうと菌が繁殖しサビや劣化の原因になり、切れ味も悪くなります。メンテナンス不足のものを使ってしまうと、菌が肌について肌荒れの原因にもなります。

【対処法】シェーバーで深剃りできない場合の対策は?

シェーバーで深剃りしてしまったら…

それではどのように対処すれば良いのでしょうか。以下のポイントに着目してみましょう。

  • 正しい使い方で使用する
  • シェーバーのメンテナンスを行う
  • 深剃りに強いシェーバーを選ぶ

対処法①正しい使い方で使用する

剃る部分はしっかり洗い清潔な状態にしておきます。お湯や蒸しタオルで温めておくと、皮膚と毛がやわらかくなり、剃りやすくなります。
そしてシェーバーを肌と垂直になるようにあてて使用しましょう。毛が生えている方向とは逆に動かすと、より剃りやすくなります。

対処法②シェーバーのメンテナンスを行う

使用後はブラシや水洗いで常に清潔な状態を保ちましょう。使っていくうちに刃も劣化して切れ味が悪くなるので、定期的に刃を交換して使用しましょう。

対処法③深剃りに強いシェーバーを選ぶ

シェーバーには肌にやさしいタイプや水洗いできるタイプなど色々な特徴があるものが販売されています。
その中でも、丈夫で安定感のある刃を使ったタイプや、肌へのフィット感を重視して設計されたタイプなど、深剃りに強い特徴を持ったものが販売されているので、是非チェックしてみてくださいね。

【根本解決】シェーバーで深剃りできないことに悩むなら『除毛クリーム』がおすすめ

シェーバーで深剃りしてしまったら…

シェーバーで深剃りできないことに悩む方には、『除毛クリーム』がおすすめです。

除毛クリームは、塗って数分放置して洗い流すだけで、誰でも簡単にムダ毛処理ができるアイテムです。

皮膚の表面にある毛を溶かして取り除くことができ、処理後は毛の断面が丸みを帯びているので、深剃りができず肌がチクチクすることも無くなります。

除毛クリームで、エステに行かなくても自宅で綺麗なスベスベなお肌を手に入れませんか?肌の露出が多い季節でもムダ毛を気にすることなく着たい服を着て季節を楽しめますよ。